FC2ブログ

月姫 プレイ日記 60日目

タブレッドのデータが吹っ飛ぶかもしれない。というショックでなかなか書けなかった私です。やっぱりタブレッド最初に買っておけばよかったという後悔でいっぱいな感じですがふっかつするとしんじてわたしは月姫を書いていきます。割とざっくりと書く予定です。では始めていきますか。

志貴は目を覚めた。背中がぎりぎりした感じでですけど。ベットから起きると傷はないが痛むのだろう。自分の両肘には、赤いペンキなようなものが付いていた。頭痛がした。シキは部屋で着替えてご飯食べてからまた来るようです。今かゆっくりするほどの時間あるんだな。秋葉は上機嫌だった。まあ早起きしたからっていうのもあるのかもしれないけど、紅茶の十尾してあるんですね。なんかお兄さん好きな子って感じだよなこれだけだと、なぜか優しい秋葉に対して怒らすことになる志貴君でした。


秋葉とは言い合う仲の良い中か、まあそういう人ってなかなかいないものだ。兄さんには早起きしてもらいたいようです。琥珀さんに言われ志貴は朝食を、食べることになった。秋葉は早く出かけて行ったようです。弓塚の席がなくなっていること以外変わりはなかった。教科書に紛れて白いリボンがあった。いい加減に返さないといけないかなって話ですね。琥珀さんが言った顔ですねどうして戻ってきたんですかって表情が印象に残っている感じですね。


琥珀さんは掃除がホtん度終わったのかこっちに来て休憩するみたいだった。浮かない顔していることを注意されてますね。借り物した話したから返したのかって聞いて君明日。借りたものはまだ返していなかった。翡翠ちゃんと仲が良かったって覚えてないんですよね。違和感があるんですよここに関してはですが、見ているだけの彼女の話をするのでした。記憶を持っているのは琥珀さんだからちょっと複雑そうだなって思ってますよ。


なんか表所がヤンデレ臭する。気長に待ってあげてくださいって穴氏でした。木の下で私って話になった、そして何で気が付かないんだろう」志貴君。何で知っていたのか風雨なら秘密にする場所のことを、夕食の話なんかあれな感じでしたね。秋葉は機嫌悪そうだし、そして秋葉が倒れてしまった。秋葉を寝かせてくることになりましたあとから琥珀さんも来るようです。秋葉の呼吸は何とか落ち着いたようです。秋葉に抱き着かれる縋るように、そんな人ほっとけるわけでもないんでしょうけど。


遠野家はそういうものを持っている人が多いんですね。赤い髪の秋葉の上なんかこう考えると不思議な気がしますね。気分がすぐれないから薬持ってきてくれたんですよね。なんか表情が罪悪感ある感じだったのなんでなんでしょうね。確か前ルートでわかっていたような気がするんですけどどうだったかな。まあこれからいろいろわかってくるはずですから、まあいいか。今日はここまでです。本当にざっと書きになってしまった。まあ心配事があるから何とも言えませんが、ここまで見てくださった方ありがとうございます。また見てくださるとうれしいです。明日ですがクトゥルフです。ではまた明日。

スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

ituki372

Author:ituki372
ようこそいろいろなゲーム日記へ
管理人のいつきです。よろしくお願いします。
あいこんは、オリキャラのマナティーです。
また気まぐれに変えるかもしれません。
Twitterは、@konoha0817saku1 七夜鈴です。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR