FC2ブログ

気まぐれフリーゲーム(骨董少女 その1)

こんかいは骨董少女っていうゲームをしていきますよ。同時進行で別のゲームをしてますけどこのゲームはまた後日書いていきますかね。R15指定のゲームなのでちょっとあれな表現がされてます。まあそれはそれでこっちの方もあとで書いていきますかなんか本当にテンション高くて私がおかしいのはいつもものことですがまあいいか書いていきますよ。


親父が進で俺は本当に孤独になった。1985年10月11日、今日、親父の葬儀が行われた。墓を建てたものも親父を発見したものも無関心であるようにただ去っていった。その後俺は吐か前に一人考えていた。親父が生きていた証拠を確かめておきたい。母さんが事故で死んだ後も男で一つで育ててくれた親父の生きていた証を。さびれた町のさびれた骨董品店。親父と俺と母さんが住んでいたあの場所を確かめなくちゃならない。



ヴィクターっていう方が主人公みたいですね。・・・。ここはいつ見ても何もないな。(店に向かおう骨とう品店の二階へ。)ヴィクターと彼女を信じている必ずここにやってくる。ね。これは、この指輪をお前に託す。彼女たちを導いてあげてくれ。大切な息子へダグラス。ん、紙の隅に何かある。指輪、これ親父の結婚指輪じゃ。まあ形見に身に着けておくか。でもこの紙、遺言にしては意味が解らない。親父は何を俺に伝えたくて。なんだ。親父こんなからくりまで仕込んでたのか。


相変わらず細かいことを。からくりとは無礼だな青年よ。ふむ、ふむふむ。ついに来たかこの時が。そこのかなり地味な青年よ名を名乗れ。お前にはいろいろ聞きたいことがあるのだ。え、はあ。ううむそうだな交換条件だ。私がお前の名前を聞く代わりにお前は私の名前教えよう。うむい、それがいい。それ交換条件じゃなくて上sぢ木っていうんだぞ。君は何なんだ。私はゲルトラウデ。ゲルトと呼んでくれたまえ。


ただ済まないただのグランドピアノだ。最もそれは魂の実態化らしいけどな。魂の実体化。ならばお前たちの常識に倣い再び名を名乗れ青年。ヴィクター。ヴィクター・ローレンス。ここに住んでいたダグラス・ローレンスの息子だ。これでいいだろう。ああ、本人だな間違いない。あのヴィクターがここにいる。うおう、待ってたぞ息子よこの黴くささと柔らかさ間違いない。よしよしよしだぐから頼まれているな。待て寄るな触るな。抱き着くな。頼まれているって何をだ。


想だった、お飴は聞いてなかったのか。タグは私を元の持ち主に返したいって言っていた。その役目はお前が引き継ぐことになったがbな。お前が今身に着けている指輪は物の魂を可視化・実体化する指輪だ。お前にはそれを使って元の持ち主所へ連れて行ってほしいのだ。元の主。親父じゃないのか。私の合うべき人は、ここから北、墓地を左にすすんだところにいるはずだ。今はさびれているだろうが、そこに劇場があるのだよ。では今度こそ条件を提示しよう。


私はお前に実体化してもらい、劇場に連れて行ってもらう。その代わりお前の知らないダグラスの話を聞かせてやろう。よいな。よし。劇場に連れて行けばいいんだな。ああ、其の若干面倒くさそうな顔。昔のダグラスにそっくりだな。さあ、進め息子よ。そっくりで悪いかよ行くぞ。ここからはざっくばらんに書いていきますよなんか一生って見えたのでめんどくさそうになりそうな予感なので長かったら前後編で分ける予定です。


タブンゲルトの持ち主って死んでしまってるんじゃyないかって思うんですけどどうなんでしょうね。なんか不思議なんですけど怖くはないかなってⅮちらかというとばあちゃんぽい感じのゲルトさんと普通の青年のヴヴィクター君って感じなんですけど、早く終われるのか謎です。青とイーサンにやっと会えたんですがこれで終わりなんかちょっとばかし不安なんですけどね。それとピアノ曲がすごくきれいなのが好きです。まだ続くみたいなんですが、たぶん彼女たちってなっていたからこれだけじゃないんか。


また荒らしい子が来ましたよどうしようか、長くなりそうなのでここで終わっておきます。あ聞しばらく続きそうなので長い話っぽいので次回で後編にできたらいいなって思ってますでは今日はここまでここまで見てくださった方ありがとうございました。また見てくださるとうれしいです。ではまた明日ですが明日は何にしましょうか。クトゥルフ系も大体書いたしなCCCでもやりますかね。ではまた明日。


スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

ituki372

Author:ituki372
ようこそいろいろなゲーム日記へ
管理人のいつきです。よろしくお願いします。
あいこんは、オリキャラのマナティーです。
また気まぐれに変えるかもしれません。
Twitterは、@konoha0817saku1 七夜鈴です。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR