FC2ブログ

月姫 プレイ日記 53日目

今回は月姫です。とりあえず書いていきます。もうすぐこのルートも終わりですね。まあとりあえずこないだも看病だったのでいい加減にすすんでほしいきがしますが、どうなるのでしょうね。


息が荒い志貴。そこに翡翠がやってきて志貴を心配している。意気は上がったまま元に戻る気配はない。失礼します志貴様といった後やっと志貴の息は一時的に戻った。あれ翡翠?目が覚めると翡翠が部屋に入っていた。お目覚めになられたのですね志貴様。息を詰まらせて翡翠は言うが志貴の息の粗さは元に戻ってなかった。シキはまだ体が動かせないらしい。ひすいはしんぱいあるようだが気にせず今はお休みくださいといった。


音がやまない。それは自分の呼吸だった。風邪をひいているわけでもないのになんでそんなことになったのか。翡翠は楽にしてくれといった。何時もどうりン御翡翠だった。あと飲み物の無用だ。翡翠は飲み物を志貴に巣。シキは手が触れた瞬間ろくでもない考えが浮かんだ。シキに飲み物を飲ませようとするが志貴は口を開けてくれなかった。そして翡翠を吹き飛ばしてしまった。翡翠は申し訳なさそうにしている翡翠が悪いわけではなかった。


シキはヒスを部屋から出て行ってもらった。一人になりたいからといって、ずっとこんな体になってこのべとにいるから時間がどれくらい過ぎたのかがわからない。一人でいる時は頭痛がやってくるのだが、翡翠は鍵をかけて薬を持ってきたのだった。喉は乾いてないからいいどうしてきたのか聞くと、くすりは翡翠が口ふくんでキスってことは口移しか。琥珀さん何で感覚戻す薬持っているんだろう。さてシキの鼓動を見るために胸あたりを触っていく翡翠。


薬の効果は動くと効果がなくなるものであり、できるだけじっとしているほうがいいってことですね。体温も一定になってきたのdましたね。こうなると鬱状態で何も考えられなくなるようです。時間がかかるから子供のころの話をしましょう。私のいるはずの窓を見ていたこと、私がいないものとして扱われていましたから、私を見る目は早く出てきて遊ぼう弟したでも私は出なかった。屋敷を出る意味も分かりませんでしたから。


幹久様の部屋にいたくなかったからあの部屋以外いる場所がなかったからです。貴方たちが遊んでいるものどうでもよかった。貴方が気が付きさえしなければ、私に呼び掛けていなかったらどうなっていたかわかりませんでしたから、今こうしていられるのは志貴様のおかげなんです。毎日あの時間が待ちどうしかった、庭から私を探す姿を見てました。いつも遊ぼうとした目で見ていました。笑っちゃいますよねその時はじめて私が人間だって気が付けたんですから。


翡翠は簡単に意識をタバサ内でくださいね。昔の話したかったんですから、希望を知らなかったらよかったんです絶望することもないですから。どんな気持ちで志貴様を見ていたのか知らないでしょうね。今翡翠が口にしているのは呪いだということしかわからなかった。全身が脈を打って熱くなった。死に掛けていた細胞が元に戻ったみたいだった。熱くなって何もかも脱ぎ捨てたくなっていた。昨日は名乗っても生命力が戻ったわけではないんです戻ったのは一部の部分のみです。

R18シーンがあるだけっぽいのでここで終わっておきますね。FGOの方は後チョコ交換だけですし、メルストは何時もどうりですからあともうちょっとで始まるFATEコラボ楽しみです。では今日はここまでです。明日は長めのやつである被虐のノエルseason8をやっていこうと思いますでは見てくださった方ありがとうございます。また見てくださるとうれしいです。明日は被虐のノエルです。ではまた明日。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

ituki372

Author:ituki372
ようこそいろいろなゲーム日記へ
管理人のいつきです。よろしくお願いします。
あいこんは、オリキャラのマナティーです。
また気まぐれに変えるかもしれません。
Twitterは、@konoha0817saku1 七夜鈴です。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR