FC2ブログ

被虐のノエル season4

今回は言っていた通り被虐のノエルseason4について書いていきます。前衝撃的なことで終わったので、その続きが気になって書きたいあなって思ってます。まあ始めますか。

大雑把なあらすじ付けときますか。確か市長とか論の過去のはなしと強い悪魔が出てきたことと、ジュリアンが悪魔と契約していたとことですね。割と衝撃なとこで終わってました。さて続き書いていきますか。


ジリアンとシーザーのシーンからですね。ジリアン。珍しいねシーザーから話しかけてくるなんて、どうしたの。まだ聞こえているようだな。改めて菊がいいのかお前の契約は。いいんだ市長の手を借りて大悪魔を召喚する以外のエルを止める手はない。だから市長を守るって制約だらけの契約でも復讐を止めてくれるのならそれでいいんだ。・・・お前はひどく歪んでいる。だからこそ僕と契約してくれたんでしょ。ふん。ノエルをひどい目に合わせた市長はいつか殺す。今は無理まだ警察が動いてるみたいだし、それより今はノエルに張り付いている悪魔をどうにかしなきゃ。あいつがノエルの隣にいる限りノエルは復讐をあきらめないおもう。確かカロンって言ったけ。


ノエルたち視点ですね。ちっ囲まれたか。今日は向こうもしつこいですわね。だがまともに相手をしてやる必要はない。路地でやりすごすぞ。ノエル・チェルクエティ及び悪魔に告ぐ無駄な抵抗はやめて今すぐ投降せよ。お前たちは完全に包囲されている。お前たちも毎度ご苦労だな。・・・・・?悪魔しかいないぞ。仕事とはいえ、投降を促さなければ銃もむけられない。本当は悪魔なんか見た瞬間、撃ち殺したいだろうに。わたくしは今のうちに。ゲホゲホこれは というわけだ悪く思うなよ。

うふふ。ざまーみろですわ。んなこと言ってる場合か今のうちに撒くぞ。これ以上やったら騒ぎが大きくなるだけだ。解ってますわよ。ちょっといい気分になってただけですわ。旧市議会儀事堂の戦いから二週間。ジリアンの登場により窮地に追い込まれたノエルたちは、同じくジリアンの意思によりあっさり撤退を許された。しかし、復讐をあきらめるまで立ちふさがりつづける。というジリアンの言葉はノエルに重くのしかかっていた。


またラプラス警察による警備は増し、ノエルたちは次のミッションはおろか、うかつに外出すれば警察に追われ、小競り合いせざる得なかった。はあようやく帰り着きましたわ。結局また撒くのに一晩掛かりましたわね。ここ最近外に出るたびにこれだな。これでは生活もままならないぞ。隠れ家の場所が唯一ばれてないのが救いですわね。しかし時間の問題だろうな。議事堂での一件以来、警察が活発になっている。一か所にとどまれば、かならずとくていされるだろう。ラプラスが舞台である以上不利なのは常にこちらなのだ。あんまりのんびりしてられない。それはわかってますのよ。


でも、どうしょうもないよノエル。むしろバロウズ市長とシーザー相手によく戦ったよ。でももうすぐ警察が来る。そしたらのえるつかまっちゃうんだよ。手足を失って、そんな体になって頑張った挙句犯罪者として捕まるなんて嫌でしょ。ここで逃げるのは恥ずかしくないよ。それが一番賢明な判断なんじゃないかな。だから復讐なんてもうやめよう。・・・・・。安心してくれもうお前たちの背中は見慣れた。今更それを指して笑ったりしないさ。もう笑い飽きてきたからな。・・・・・・・・。

逃げましょう。それしかもうないのか。・・・いやしかし本当にいいのかノエル。わたくしはジリアンとは戦えませんわ。ノエル」。そうだよね。うれしいな僕も同じ気持ちだもの。いやはや美しい友情じゃないか。もっと早くに会わせてやるべきだったな。あれから二週間だぞ、まだ同じことを言っているのか。確かにお前にとってジリアンはこの上なく厄介な相手だろう。だがあの女はお前の復讐を邪魔しようとしている。それだけはいくら考えようとも変わらん。もう覚悟したんじゃなかったのか。ジリアンどうしてですの?


本人に聞かねばわかるはずもない。ラッセルがだましていなさそうなのも気にかかる。ジリアンとは遅かれ早かれ向きなおらねばならんぞ。ならばこうして立ち止まる暇はないはずだ。・・・・。わたくしは。・・・・・・・。!?ノエル・チェルクエティ及び大悪魔カロン補足。こいつらの拠点に間違いない。WAVE1突入。時間の問題どころか、もう特定されてるではありませんの。面倒なことになってきたな。とにかく話は後だ。今はこいつらをどうにかするぞ。


なるほどな。お前で最後だ。ふん。今鎖を止められたのか。ややりましたわね。あの男まだ余裕はありそうだった。応援を連れて戻って来るやもしれん。正面玄関はやばそうだ。建物の屋上に逃げるぞ、そこから別の建物に飛び移って奴らを撒く。ここは一回なのにわざわざ屋上に逃げますの?一回だからこそだ、玄関や裏口なんかは突入前に100%」包囲されてるぞ。それもそうですわね。解りましたわ。急がば回れといきましょう。短い間だったけど、この部屋にはお世話になりましたわね。


また都合のいい空き家がなければ野宿だな。さあいくぞ。き きたぞ。あんな少女が本当に銃はよせ悪魔の方を組み伏せるんだ。やるしかないようだな。屋上に上がるにはあと三フロア上がらないといけませんわ。エレベータか階談か。いずれにせよ警察に見つからないように慎重に上に逃げる手段探すぞ。・・・・。エレベータはだめだな。ここまでで無理なのかしら。よわきになるな。通れないなら通らなければいいか。 飛べるんですのちょりではない。悪魔だ。鳥なんて言ってませんわよ。被害妄想ですわ。


まったく悪魔への敬意を知らんやつだ。廊下がダメなら建物のつたをたどってゥ屋上に行けばいいだけだ。建物の減り建物のへり?だいじょうぶですの 安心しろ足場があるのは確認済みだ。いやそうではなくこの足でそんな綱渡りはできませんわよ。最悪落ちても二回だ。死にはしないだろう。悪魔の体力でか弱い乙女の体力を図らないでくださいまし。騒ぐな警察が来るだろう。命綱付けてやるから。」蔦から出ます。


命綱は鎖です。アクションが多いので箇条書きでジリアンのことで悩んでいるのエルダが今は脱出する子tに専念するように歌論に言われる建物の屋上に行きどうにか脱出できそうになるが、来たかラプラス警察管理官ジーノ・ロレンツィ。もうお堅いわねラッセルちゃん。他に誰もいないんだからもっとラフにいきましょ、あたしの前ではいい市長じゃなくてもいいのよ。あたしたちまだ前髪をお可愛く卸していたころからの仲間じゃな~い。解ったよジーノ早速本題に入ろう。うふふ。


どうだノエルとカロンの隠れ家はつぶせたか。潰せたわよ警察が本気になれば余裕よね。カロンちゃんってば今も昔も契約者との隠れ家生活で貧乏くさいわね。昔からお前の仕事は手堅いな。警察を自由に動かせる今のお前なら当然か。今のやつらにとって帰る場所を失うのは痛手だろう。いかに魔人を二人倒し、い夋とはいえ俺の懐に踏み込んだやつらデモ。ジリアンの剣でだいぶ弱っているからな。警察をぶつけるタイミングだ。

ええ、だから隊にうちの狂犬を一匹はなっておいたからね。あの子強いし、執念深いし、鼻」もよく利くわよ。あんたのお抱え魔人と違って、一度接触したら死ぬまで逃がさない。ノエルちゃんとか論ちゃんはあの子の宿敵だもの。ああ例の、頼もしいなそういうやつは好きだぞ。せいぜい下品な暴れ方をして、ラプラス警察に泥を塗らないでほしいものだ。うふありがと。まあボマーちゃんも秘書ちゃんも大悪魔相手じゃさすがにきつかったって話ね。しかたないわよ。


ジリアンの前ではノエルたちを逃したが、もちろん本当に逃すつもりはない。追い詰めて殺す。いいのかしら。ジリアンちゃん怒ってしまうのではないの。あたしあの子と仲良くしたいんだけど。仲良くしたい?お前また新しい犬がほしいだけだろ。うふふ。マンホールかちょうどいい。下水道を通って一気に離れよう。下水道。匂いはあきらめろ。くそ見失った突撃隊はノックダウンしている。逃がすな野外戦に持ち込まれたら、近隣住民にまだ被害がお用かもしれん市長も協力してくれてるんだ。



そんなことだろうと思ったがな。そういえばあの警官はどうしたのかしら。あの警官。最初に突入してきたすごい顔のあああいつかだが妙だな。あいつが応援呼びに行ったらもっと増えていてもおかしくないのにな。鉢合わせもしませんでしたわよね。逃げたのか孫風には見えなかったが。下水道に逃げた後、逃げ切りそうだな。花でもつまんでいるのか。返事をしろ。これからどうすればいいのかしら拠点を失ってしまったし、街中では警察に追われる始末だからな。考えなければならん



ノエルはジリアンのことがあって復習に消極的になっていた。空気がおいしいですわ。すっかり夕方だなここまでくれば安全か。どこですの此処警察はいなさそうですが、それにしてもひどい目にあいましたね。ここ最近警察とのkゼリア委が多かったそこで少しずつ調べられていたんだろう。いつも相手が深追いしてなかったのはこういうことだったんですのね。いずれにせよそれからは慎重に、その必要はねェ。木かまらにこれから先はないここで終わりだ。あの人は、


ふん一度見た顔だな。お前だけで追ってもどうすることもできない。!!?カロン大丈夫ですの、一応な。一人でどうすることもできない確かに。人間は悪魔に勝てねえ作りが違いすぎるからなだから一人だからこそできることもある。この力は人前に使うもんじゃねえ。こいつまさか警察の癖に、切り裂き魔(リッパ―)っまたの名を魔人切り、覚えておけ貴様らを倒す正義の魔人の名だ。D・オスカーって人がr巣ボスっぽいですね。警察内部でも魔人がいる。



悪魔の契約をもって正義とは歪んだやつもいたものだ。貴様らが冨居ドロッセルを倒したってことだけだ。弟は俺の手でも連れ戻す予定だった。弟を倒された恨みってわけか。というとこでボス戦なのでここで終わりです。いよいよなんかややこしいことになってきた気がしますが、まあいいでしょう。またざっくりとあらすじだけ書いておきますかではここまで見てくださった方ありがとうございます。また見てくださるとうれしいです。明日はそうですね。何するかな。フリーゲームかクトゥルフのどちらかにしますではまた明日。


スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

ituki372

Author:ituki372
ようこそいろいろなゲーム日記へ
管理人のいつきです。よろしくお願いします。
あいこんは、オリキャラのマナティーです。
また気まぐれに変えるかもしれません。
Twitterは、@konoha0817saku1 七夜鈴です。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR