FC2ブログ

lostbelt6 妖精円卓領域 アヴァロン・ル・フェの後編の感想

 

さっくりまとめですよ。まあ印象に残っているとこと、とかも書いていきます。まさかのあの立ち位置なのはどう名乗っては思ってますがそれぞれの関係性はよくいかされていますね。っては思う。そして続きになるのは8月4日。なぜかおとぎ話みたいな終わり方に違和感はあった。まあ続きがあるから最後までは言えないですね。そして、描き方は、運楽しいほうだった描写がア結構好きでした。特にいろいろあるけどガレスのシーンアルトリアの苦悩とかあっても主人公のメンタルの強さ。まあそれすべていいことだよね。


まあ、私の価値観がずれがある場合もあるかもしれんが、そしてバーバンシーやバーゲストの真名解放のとこも好きだった。メリュジーヌに関しては初耳だった。けど水の妖精と人の子ってことはわかったかな竜種って強いイメージもあるけど浮世離れしているってイメージから変わってない感じですかね。そして最後のシーンモルガンが倒されるとこ、すごくこれ狙っていたんだよな。って思ったし、不器用ながらに娘への愛はあったし、彼へのやつ場もあったのかな。なまえがでてこんかった。   


でもあの彼はペペさんがですよね。あとベリルの役割は人狼である彼になった途端変わってしまうってのはある意味不憫だけど、まあ殺人鬼にはお似合いなのかも。ペペさんの最後は悲しかったけど良くも悪くも嘘はつかない人だったんだな。って思う。まあ憎めない人の典型だったのかな。悪意向けられても人を恨めない人なんか不思議な閑静な気がします。ほぼほぼクリプター死んでますよね。残っているのはデイビッドと、カドックだけか。


どちらにせよ最後に対峙するのはカドックかなて思う。そしてあのオルガマリーかな。肉体の話に関してはどうしょうもないかもしれん。モルガンのやり方は天才ではあったと思う。私的には好きなシナリオでしたまだ続くけど、どこまで追加用塩があるのかは私のも謎イベント来たらこっちにも各かっらそこは変わらんかなって思う。ってことで今日はここまで、短めざっくりまとめでした。ここまで見てくださった方ありがとうございます。また見てくださるとうれしいです。ではまた明日。


スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

ituki372

Author:ituki372
ようこそいろいろなゲーム日記へ
管理人のいつきです。よろしくお願いします。
あいこんは、オリキャラのマナティーです。
また気まぐれに変えるかもしれません。
Twitterは、@konoha0817saku1 七夜鈴です。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR