FC2ブログ

Fate/EXTRA プレイ日記 12日目

今日の分のEXTRAです。今回対戦するのはあの人です。私はプレイ済みなので知ってますけど、まあさっくりと3日目までしますのでよろしくです。ちょいとテンション高めですが、それでは始めましょうか。勘違いしてましたが、あの子は6回戦でした。五回戦一番厄介の相手です。二回掲示板にて対戦相手がわかる。ユリウスが対戦相手だ。主人公は、すさまじいくらい成長している。ウイザードが魂だけの存在なのもあるかもしれないが、凛に次の対戦相手が決まったということを知らせた。


ユリウスだというと凛は険しい顔をした。あいつは、ハーウェイの害虫駆除班筆頭表に出ることのない掃討部隊の統括にしてプロの殺し屋よ私の雇った組織ではレオ以上に天敵でしょうね。何人も幹部が殺されたっていうし。あれはあなたと真逆なマスターよ戦いに感情を持ち込むようじゃ殺されるわね。暗殺の化身かすさまじい評価だなこっちだと表の聖杯戦争だとこうだったなと思い出したよ。頑張んなさいと言ってくれたよ。まあそうだろうけどね


教会にて  どうしてこちらに蒼崎姉妹が来たのか聞いてみた。マスターではないのにと主人公が聞いてみた。私とそこは別枠でね。聖杯戦争用の侵入経路を使った。君たちの目的はムーンセルの中枢、聖杯だからな。一方私たちは聖杯に用がない。ムーンセルの作りだしているネットワークに用があった。その折にムーンセルと契約を結んだ。 マスターたちの手助けを条件に永続権を得たわけだ。もっとも誰かが聖杯を取らない代わりに出れないのは同じだがね。


なんでここに来たのか主人公が聞くと、私は人探しだ。知り合いの知り合いがここんところ調子悪くてね。意識の一部がどっかに引っかかっているというもので、電脳空間をあたって居たらここにたどり着いた。青子は、違うらしい。きな臭い未来があったからおかしくならないように来たのよそしたら会いたくない姉貴がいてこんなところに秘密基地をつくってたってわけ。そうなるとほっておけないでしょ、しょうがないから私も残ることにしたの。この女ほっとくと悪さするから主にマッドサイエンス的な方面で
そんな話をしてましたとさ。
 
アリーナにて  アリーナを走っていたらユリウスが来たみたいだ。彼のそばには、サーヴァントがいない。敵サーヴァントは余裕みたいだ。何が起こったかわからない。そしてアーチャーは倒れていた。目視できなかった。心血はついたといっていた敵サーヴァント。いずれ死に至るというう言葉に驚く主人公。アサシンのサーヴァントかとアーチャーは言った。とりあえず帰還しました。
座ってるだけでも辛そうなアーチャー。猶予期間痛には手を出してこないと思っていたが、誰に対しても容赦はしない人だったからだ。


二日目

昨日起きたことに頭がついていかない。アーチャーは眠りにつき朝になっても目を覚まさなかった。ユリウスのサーヴァントが攻めるのだ死ぬとそんなことを考えている主人公に凛は声をかけた。おはようの挨拶さえぼんやりしていた。りんを見て元気になったんだね。といった。りんが手伝ってくれる。。りんはレオに聖杯を取られたくない。主人公は勝ち続けるしかない。端末とのリンクした連絡が取りあえるってことは有利に働くってことでもある。


サーヴァントのことを聞かれ今アーチャーのことを話す。ユリウスにサーヴァントが襲われた。自室で寝てる。ので凛が見てくれる。体中の魔獣つ回路がめちゃくちゃになってる。貴方とサーヴァントのつなげているラインがうまく機能してない。貴方からサーヴァントに送るはずの魔力が送られていない。サーヴァントの体を生成するのは、マスターからの魔力提供、それが止まったら体を維持できない。サーヴァント自身の魔力で維持している。対策を、凛は考えてくれる。


周りには誰もいないが、この声はユリウスのサーヴァント。アーチャーを一撃で瀕死に追いやった。魔人である。気を張る主人公に、ただぶらぶらしているだけと答える。ユリウスがいなければ殺さないということかと驚く主人公。好んでころっさないらしい。アーチャーは、一瞬でずらしたみたいだった。
彼は壊すことしかできないこぶしだった。治すのは自分でしなくてはいけないようだ。


藤村先生のクエストする。コインを探す。凛と話す。
アーチャーの魔力は、一割以下みたいだ。このまま魔力供給しなければ、早くて明日には、体を維持できなくなる。けど、抜け道はある要は一時的でも魔力を供給できればいいんだから。お教えてほしいという。一時的に私からアーチャーに魔力を送る。私だって元マスターだし魔力の質に問題はないわ。そんなことできるのかと不思議に思う主人公。とりあえず割り込み回路もらう。

アリーナ 割り込み回路の設置と、アイテム回収できるとこまで、能力は半減されている。
強制転送でアイテム取れなかったな。記憶がリンクしたこと、体がないということくらいかな。

三日目

やっと目が覚めた主人公、強制退去から目が覚めなかった。あの場所で襲われたのはラッキーね。あの場所でないと去勢転送はできなかったみたいだし、ヴァイパスからの魔力供給には、問題ないみたいだ。あとキスをしてなんか回線つないだのかな。サーヴァントと主人公のパスに割り込むプログラムのためか。あとはこっちでやっとくからといわれたけど、どうするかである。まあおとなしく図書室言ってくるかな。  

 
図書館に行くとレオにあった。レオとユリウスは兄弟だと知る。腹違いのがつくけれどハーフェイの護衛としてきていること、負けるからということでサヨナラみたいだった。ずいぶんはっきり言ってくれる。力の差があるが負ける気がしない実力差は明白だと、まあ事実ですけどね。勝負をするまでわからばいどうなるかなんてわからないものだと、まあそうですね、 もし兄さんが負けたのなら不運だったと思いましょう。自分が勝つということか完璧であればあるほどずれやすいのってこういうことかもしれない。


一回に向かうとリンとアーチャーが来た。りんは疲れているようだったが、気が付くとユリウスがたっていた。中国拳法の一種だといったアーチャー 気功の拳といった方が近いのかなあ。二のうち足らずといわれた拳、このまま戦闘となる時だった、言峰が、来た学園側での戦闘はペナルティーになり方法にしなくてはいけなくなるのでアリーナになるんだろうな。

アリーナにての戦闘とアイテムを回収するだけなので今日はここで終わりたいと思いますでは、また明日。

スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

ituki372

Author:ituki372
ようこそいろいろなゲーム日記へ
管理人のいつきです。よろしくお願いします。
あいこんは、オリキャラのマナティーです。
また気まぐれに変えるかもしれません。
Twitterは、@konoha0817saku1 七夜鈴です。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR